資本論カフェ通信6表 ネット版資本論カフェ通信6ウラ ネット版

wIMG_1077

 今年も広島、長崎の夏がやってきました。原水爆禁止荒川協議会が毎年おこなう「原爆と人間展」は新型コロナの影響で1日~3日までの3日間と短縮されました。
 写真は1日初日の様子です。

mIMG_1066

 7月21日(火)夜、第2回目の地区党学校が開かれました。3密に配慮して行われました。講師は地区委員で区後援会顧問である高月昭さん。
 テーマは「党史・Ⅰ」として「50年問題」でした。戦前の過酷な弾圧から立ち上がった当時の党はポツダム宣言の完全実施を求め、日本の民主化をめざして奮闘しました。しかし一方で、総選挙で35議席を勝ち取ったものの、0議席へと大後退にもつながった、「50年問題」という不幸な分裂を乗り越えなければなりませんでした。この痛苦の経験が自主独立、党内民主主義の確立など、この克服が党の発展につながった問題でもあります。
 高月さんは当時の複雑な状況に置かれた党の姿や党の活動を年表や資料も使い、自らの経験したことも紹介し、1時間ほどに渡って講義しました。
「分裂を回避することはできなかったのか」「別の会議と間違えて来たが、参加してよかった。ポツダム宣言をあらためて読むことが出来た」などの質問・意見が出され交流にもなりました。
 

↑このページのトップヘ