6月2日 原発ゼロへ 明治公園に1万8千人、その他芝公園と国会包囲で合わせて6万人が集まりました(主催者発表)。  当日は、荒川からも個人・団体が参加しました。この運動に応え、区内で宣伝しました。  放射能汚染水の垂れ流しや大飯原発の活断層にもんじゅや東海村の事故も相次いでいます。どう考えても外国に売り込む道理はありません。  原発と共存できない!! DSC01366a.jpg

6月1日、荒川地区委員会は、小池晃副委員長(参院比例代表予定候補)と吉良よし子参議院東京選挙区予定候補を迎えての演説会を開催しました。鈴木けんいち都議予定候補も訴えました。 「本日初めて吉良さんの演説を聞きました。若い人が力強くお話ししていましたが、とてもよい気分です。小池さんの話もとてもよかった。ユーモアたっぷりでことがはっきりしていてわかりやすくよかった」「鈴木さんたいへん誠実さが表に出ていました。頑張ってください」「自民党の暴走を止めるのはブレない共産党しかないと思います。どうか庶民の味方共産党にがんばってほしい」などの感想がよせられました。

 JR日暮里駅で「にゃっぽり」が至るところで活躍。 谷中、夕焼けだんだん(荒川区)といえば「猫の街」とのイメージで、猫をモチーフにしたキャラクターを2011年6月、当時の日暮里駅職員が、台東区中心コース用おさんぽMAPに初めて描き下ろしました。  12年夏には、日暮里駅周辺の中心コースに登場して、案内板とマップを設置してから、マップを持ち帰る人が非常に多くなりました。  猫の名前は、昨年10月に「にゃっぽり」とやっと決まり、北口コンコースに大型ポスターを貼るなど大活躍しています。   【小島和男区議 区政ニュース №688 より】

↑このページのトップヘ