荒川区において   2月の一次審査で不承諾通知を受けた方は、289名でした。12月の集中受付からさらに104名の申請があり、3月の最終2次審査では270名が不承諾となっています。  育児休業の方で不承諾も40に上るようです。そのために仕事に復活できなかったり、さまざまな状況で保育園入園を辞退するような現実も起きています。  常勤でも入れず、保育園が決まらなければ就職内定も出ません。すでに働いていないと保育園に入るのが難しいのが現実です。  今後、区は、認証保育所や保育ママで対応して待機児を減らすとしています。しかし認可保育園の希望がかなえられず、来年こそ認可保育園をと希望されている方が大多数です。こうした方も本来待機児童とカウントすべきです。  子育てと仕事の両立が出来るように、子育て支援に最後まで区の親身な対応が求められます。 【横山幸次 区政報告 №499】 20130407 yokoyama3

介護度の重たい要介護4・5の方で待っている方が、350人以上になっています。  元気で長生きを支える社会が大切です。また、できるだけ、お家で看とれればいいのですが、介護保険だけでは困難で…、結局、がんばれる家族と経済力が必要なのが現実です。  施設でもお家でも幸せを感じられる介護や高齢者福祉をしっかり作りたいものです。 施設の負担が大変で、在宅でがんばっている方も少なくありません。 souma3-17-b.jpg  国民年金受給者の平均額は、5万円台、年金がない方も約8000人います。 施設入所者の約7割の方が非課税世帯(世帯分離のケースも)で年金80万円以下の方が半数以上です。  課税世帯も補助があっても、さらに負担が大変です。 souma3-17-c.jpg 【相馬けんいち区議 区政ニュース3・17 より】

↑このページのトップヘ