2016年10月

 22日、もぎ正道区長予定候補の事務所びらきが行われました。区内の民主団体、労働組合の方々などが参加。各団体からのあいさつの後、日本共産党区議団から小林行男団長があいさつ。「年金引下げなど区民の負担増がくらしを直撃している。区長が変わればくらし応援の区政ができる」と訴えました。もぎ正道氏は、「子どもから高齢者まで人にやさしい区政を実現したい。区民の目線で区政を行うことは、税金の使い方をくらし優先にすればできる。憲法をくらしのすみずみまで生かす区政を実現したい」と自ら母親を介護した経験もふまえ「介護制度の充実、子育て、防災のまちづくに力をつくす区政の実現を」と決意表明。最後に団結がんばろうを唱和して終了しました。
 事務所びらきには、元職場の同僚の方が中央区からもかけつけ、今、注目されている豊洲市場があり、移転反対で奮闘してきたもぎさんの話もまじえ激励の挨拶がありました。

IMG_980620161022事務所びらき2


IMG_980620161022事務所びらき

 もぎ正道区長予定候補は連日、朝の駅頭と昼間は街頭での訴えと奮闘しています。「憲法を区政のすみずみに 介護・子育てに全力の区政に」と訴えています。家の中から出てきて応援してくれる支持者の方もいます。

 20161019 JPG


DSC06490 20161019 支持者からの激励に応える もぎ正道

IMG_20161016_121104

16日、明るい革新都政をつくる会と日本共産党は区長選挙の合同宣伝を行いました。 
 急な宣伝でしたが70人が参加。
 もぎ正道区長予定候補が訴え終えると拍手も。「憲法を区政のすみずみまで生かす区政を、区民のくらし第一の区政の実現を」と訴えました。
 日曜日の昼で、行きかう人も多く、ビラの受け取りも良く、激励もされました。

↑このページのトップヘ