2017年10月

 27日(金)夕方、小島和男区議が定例の駅頭宣伝をしていました。区議の近くで「9条を守ろう」の署名をしていましたが、10名あまりが相次いで署名。党支持と名乗りながら「(総選挙の結果は)残念だったね」とか「共闘でがんばりました」など対話していく方が目立ちました。この駅で選挙が終わっての宣伝でこの様な反応があることはありませんでした。(参加したKさんの話し)
 ※他の地域でも、選挙が終わってもビックリするくらいの反応があると聞きます…

 あとう和之14区予定候補が東京14区市民連合と政策協定を結び今日、墨田区内で記者会見を行いました。
 去る3日に荒川区内で「野党共闘」を願う個人、団体があつまり、市民連合が4野党に要請した7項目で、14区の立候補予定者に呼びかけました。
 あとう和之候補は呼びかけに応える中、14区ではあとう候補を応援しようと14区ないの墨田、台東、荒川の方々が集まり6日に発足の会を行い、名称も「東京14区市民連合」として活動することを確認しました。
 記者会見では発起人の一人である高瀬幸子さんらがこれまでの経緯と14区で市民の代表としてあとう和之さんを勝たせたいと挨拶。あとう候補は「野党と市民の共闘をと訴え、それが実りつつあることを歓迎し、なんとしても勝ち抜く」と政策なども語り決意を述べました。

 aIMG_3067

aIMG_3065


↑このページのトップヘ